不妊治療でミトコプラスを使って良かった!そう思った理由と口コミ

不妊治療でミトコプラスを使って良かった!そう思った理由と口コミ

不妊の悩みって、同じ想いをした人にしか分からないと思います。
そして、「こうすれば妊娠する」っていう答えがないからこそ、本当に辛いことだと思います。

私はもう30代。
周りはどんどん妊娠・出産し素直に喜べない自分がいましたし、家族からは「なんでできないの?」って言われてきました。

そうして不妊治療を2年間してきました。
タイミング療法、人工授精はもちろん、体外受精・顕微授精もしてきました。

それで赤ちゃんができればよかったのですが、最終的には「不育症」だと分かり、受精しても赤ちゃんが育ちにくい体であることが分かりました。

そんな私が辛い不妊治療を乗り越えられた理由の1つが「ミトコプラス」です。

ミトコプラスの外箱・内箱

ミトコプラスの外箱・内箱

ミトコプラス公式サイト

ただのサプリです。
薬ではありません。

しかし、そんな「ただのサプリ」にこれほどまでに感謝するとは思っていませんでした

このページでは、私が「ミトコプラス」を使って良かったと思っていること、その反対に、後悔していることを口コミしていきます。※後悔したことは、「さいごに」の項目でお話ししています。

それでは、いきましょう!

ミトコプラス・ミトコリン・ウムリンなど「ミトコンドリアサプリ全体」での効果については、下記記事で紹介しています。(下記記事も似た内容です)

>>妊活不妊治療の救世主?ミトコンドリアサプリの効果とは?卵子の質は上がるのか?

ただ、このページでは、ミトコプラスが気になっている方に向けて、話題を「ミトコプラスだけ」に絞って紹介していきます。

私がミトコプラスを使おうと思った理由【体外受精と卵子のグレード】

購入当時のミトコプラスの写真

購入当時のミトコプラスの写真

私がミトコプラスを使ったのは、「2回目の採卵に向けて」の時期です。

1回目の採卵。
この時は、受精卵に「グレード」があることを知りませんでしたし、そもそも卵子に「質」があるなんて思ってもみませんでした。

しかし、その1回目の採卵でグレードが悪い受精卵が出てきました。
良いグレードはたった1個。
そもそも受精しなかった卵子・育たなかった卵子も7個中3個ありました。

この時思ったのは「たった4個の受精卵、しかもグレードが悪くて、妊娠するだろうか・・・」ということです。

採卵ができたこと。
受精卵が育ってくれたこと。
これは感謝すべきことだと分かっています。

しかし、「グレードが悪かったことの不安」は募りました。

その予感は的中。
良いグレードのものから胚移植をしたのですが、妊娠できなかったんです。

残るのは悪いグレードの受精卵のみ。
胚移植できることはありがたいことですし、受精卵があることは喜ばしいことですが「たぶん、また採卵しなきゃいけない」と思いました。

そこでネットを見てみると、卵子の質を上げるために、「ミトコンドリアサプリというものがあるらしい」ということを知りました。

怪しいし、これまでサプリで「いい想い」をしたことがない私。
でも、藁にもすがりたかった
そこで「期待せず、使ってみよう」と思ったわけです。

ミトコプラスを使って良かった!そう思った瞬間

ミトコプラスを使って良かった、そう感じた3つの瞬間

数あるミトコンドリアサプリの中でも私が「ミトコプラス」を選んだ理由。
これは後から詳しく話したいですが、一番は「安さ」です。

例えば「ミトコリン」というサプリは、1か月1万5千円くらい。
例えば「ミトコア」というサプリも、1か月1万5千円くらい。

不妊治療で私たち夫婦は、結構な金銭的負担がありましたから、1万5千円は高かったです。

でも、ミトコプラスなら7,980円
約半額ですし、販売会社も「プレミン」などを発売しているゲンナイ製薬でしたから、「悪くはないだろう」と思って買いました。

そして、「ミトコプラスを使って良かった」と思える瞬間がきました。
その良かったと思えた3つの瞬間について口コミしていきます。

ミトコプラス公式サイト

  1. ミトコプラスの効果が2回目の採卵結果に表れた
  2. ミトコプラスのおかげで、受精し、着床した
  3. ミトコプラスを使って妊娠に希望が持てた

ミトコプラスの効果が2回目の採卵結果に表れた

サプリを飲んでいる時は、体の変化は感じませんでした。
とにかく毎日飲むことはしていましたが「実感」もありませんでした。

でも、2回目の採卵。
これを終えて数日後、結果を聞きに産婦人科に行きました。

ドキドキしましたし、結果を聞くのは怖かったです。
「1回目と同じように質が悪かったら、希望も持てない・・・」そんな状況でした。

でも、(この時は5個の卵子がとれたのですが)4個が成長してくれ、さらに、4個すべてのグレードがAグレードになりました。

この2回目の採卵に向けて変わったことはミトコプラスを使ったことだけでしたから、
「ミトコプラスを使って良かった」
本当にこう思いました。

ミトコプラスのおかげで、受精し、着床した

日本IVF学会でも、受精卵のグレードは妊娠率に影響を与えることが発表されています。

それを証明するかのように、2回目の採卵・採精時にできたグレードの良い卵子が、嬉しいことに「着床」してくれました

最初に話したように私は「不育症」でもあったので、結果は流産し、そうは手術を受けました。
辛かったです。
しかし、不育症という壁がなければ、この時に妊娠していたと思います。

※ただ、遺伝子の異常が原因で育たなかっただけかもしれません。

遺伝子検査は、私の産婦人科では5万円でした。

流産した時に、その子の遺伝子に異常がなかったか知りたい場合は、産婦人科医に伝えれば、検査してくれるはずです。

ミトコプラスを使って妊娠に希望が持てたことも大きかった

何よりミトコプラスを使って良かったことは、妊娠に向けて「希望」が持てたことです。

これまでは「私なんてどうせ妊娠できないんだ」「なんで私は、うまくいかないの?!」と、すごくネガティブになっていました。

しかし、ミトコプラスで受精卵のグレードも良くなり、流産手術はしたものの、「着床」を経験することができました。

一歩一歩先に進んでいる。
そう思えたので、ストレスも減っていきました。

「妊娠できる気がしない」
「不妊治療をしているけど、先が見えない」

そこから脱出できたこと。
本当にミトコプラスには感謝ばかりです。

ミトコプラス公式サイト

いつでも休止・解約OK

【私は二人目の妊娠に向けて、ウムリンを使っています】
私は二人目の妊娠に向けては、ミトコプラスではなくウムリンを使っています。
ウムリンは産婦人科学会誌にも掲載された成分「umulin」を使っていて、NHKや新聞という信頼あるメディアで「不妊治療に効果」と報道されていたからです。

価格的にも安く、続けやすいと思います。
ミトコプラスもウムリンもどちらも実感できたので、どちらもオススメですが、今の私なら、ウムリンから使う方がオススメです。

ウムリンが不妊治療に効果あるって本当?どこまで信頼して良いの?ウムリンが不妊治療に効果あるって本当?どこまで信頼して良いの?

ミトコプラスの成分

ここまで紹介したことはすべて私たち夫婦に起きたことです。
しかし、ミトコプラスの成分などを紹介してきませんでしたし、「成分の効果を知りたい」という人もいると思います。

ここからは、ミトコプラスの成分について、簡単に紹介していきます。

ミネラルCB-1


ミトコプラスの主成分は「ミネラルCB-1」です。
「ミネラルCB-1」は、販売会社であるゲンナイ製薬の登録商標で、ミトコプラスでしか摂取できません。

「ミネラルCB-1」は「ヴィネアトロール」「リコマット」「カネカ社製還元型コエンザイムQ10」の総称で、どれもが質の高いブランド成分です。

ミネラルCB1

ヴィネアトロール

ヴィネアトロールとは、高品質のポリフェノールです。
ポリフェノールですので、抗酸化作用があります。

ミトコプラスに使われているヴィネアトロールは、フランスのアクティケム社製のヴィネアトロールです。
特許製法で作られており、安全性試験済みの高品質成分です。

リコマット

リコマットは世界ナンバーワンのリコピンシェアを持つライコレッド社製のリコピンです。
リコピンですので抗酸化作用があり、エネルギー生産を邪魔する成分にもはたらきかけます。

また、通常のリコピンに比べて、吸収率も高くなっているのが特徴です。

カネカ社製還元型コエンザイムQ10

ミトコンドリアにはたらきかけるのがカネカ社製還元型コエンザイムQ10です。

こちらもブランドのコエンザイムQ10で、カナダの不妊治療クリニックと大学の研究では、ミトコンドリアが活性化し、卵巣機能も高まったことが報告されました。

アメリカの高度不妊治療では、初診時に医師から「コエンザイムQ10を摂るように」と言われることがあるほど、信頼できる成分の1つです。

ミトコプラスには、ここまで紹介した3つの主成分を補助する6つの成分がさらに配合されています。

ヘスペリジン

ミトコプラスには「ヘスペリジン」というみかん由来の成分が入っています。

この成分は寒さ対策として優秀です。

Lカルニチン

年齢とともに生産量が減っていくカルニチン。
カルニチンは、脂質をミトコンドリアへ運ぶ役割をしており、卵子にとっても必要な成分です。

ミトコプラスでは1日分のカルニチンが補えるように75mgが配合されています。

総キサントフィル

赤パプリカ由来の総キサントフィルもミトコプラスには含まれています。
総キサントフィルはカロテノイドで、年齢に負けない力に優れています。

ミトコプラスに使われているのは、グリコ製の赤パプリカ由来のキサントフィルです。

カプサンチン

悪玉コレステロールと戦い、体内環境を整える成分がカプサンチンです。
カロテノイドですので抗酸化作用があり、脂肪を燃焼させ、血流を良くし、代謝も上げる働きがあります。

こちらもキサントフィルと同じようにグリコ製のカプサンチンを使っています。

DHA・EPA

DHA・EPAは血流や中性脂肪に有効な成分です。
消費者庁の「『食品の機能性評価モデル事業』の結果報告」では、下記のように様々な観点でA評価とされました。

血流を改善するはたらきもあるため、卵子の老化を防いだり、子宮環境を整えたりする働きが期待できます。

なお、ミトコプラスには320㎎のDHA・EPAが含まれています。
「DHA・EPAサプリメント」と同じくらいの量が含まれていますので、ミトコプラス以外にDHAEPAサプリを飲む必要はありません。

ミトコプラス公式サイト

いつでも休止・解約OK

ミトコプラスの副作用と安全性

ミトコプラスは副作用もなく、安全性も高いです。

ミトコプラスの安全性について

サプリメントは「GMP工場」で作らなければいけません。
しかし、ミトコプラスはGMP工場よりもさらに厳しい「NSF GMP工場」で製造されています。

ヒ素、セシウム、残留農薬、水銀、ヨウ素、鉛など、全ての検査をしており、「検出せず」の証拠も出してくれています。

さらに、発がん性のある二酸化チタンは使用せず、カプセルには「ゼラチン」「天然カラメル色素」のみしか使われていません。

ミトコプラスの副作用について

ミトコプラスには副作用はありません。
記載が必須のアレルギー成分も含まれていません。

しかし、原材料との相性が悪いと副作用を感じることがあるかもしれません。

下記はミトコプラスの全成分です。
副作用が気になる方は、それらを見て、自分にとってのアレルギー成分がないか、相性の悪い食べ物はないかを確認してみましょう。

ミトコプラスの全成分
DHA含有精製魚油、ゼラチン、L-カルニチン、L-酒石酸塩、みかん末、ぶどうわかめエキス、還元型コエンザイムQ10/グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、トマトリコピン、カラメル色素、レシチン(大豆由来)、カロテノイド、酸化防止剤(V.E)

ミトコプラス公式サイト

さいごに

「ミトコプラスを使って良かった」
ミトコプラスを使っていない今も、本当に感謝しています。

最初は「怪しい」「信じられない」と思っていましたし、ネットで調べても本当に良いのか・悪いのかが分かりませんでした。

しかし、実際に使ってみて、いい製品だからこそ「もっと多くの人に使ってほしい」と心から思いました。

ミトコプラスは「効果のないダイエットサプリ」「効果のない美容サプリ」と同じではありません。
使った人にしか分からない価値があると思いますし、妊活をしているなら、使うべきだと思います。

私が2回目の採卵で後悔したこと。
それは「1回目の採卵から使っておけば良かった」ということです。

私と同じ後悔をしないよう、まずは3か月、ミトコプラスを使ってみませんか?

ミトコプラス公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です