心からオススメしたい妊活サプリランキング!成分と安全性の観点で選ぶ

心からオススメしたい妊活サプリランキング!成分と安全性の観点で選ぶ

私はこれまで不妊治療・不育症治療を行ってきました。
タイミング療法も、人工授精も、体外受精も、顕微授精も、どれも行ってきましたし、不妊治療からさらに一歩先の「不育症治療」も行ってきました。

だからこそ妊活サプリも数多く使ってきました。

私が最初に使った妊活サプリは「ネットで調べて良さそうだと思った妊活サプリ」です。
どのように選べばいいかも分かりませんでしたし、何が良いかも分からなかったからです。

しかし、今では安易に妊活サプリを選んだことを後悔しています。

なぜなら「添加物」がたくさん入っている妊活サプリもありましたし、成分も妊活向けではない「なんちゃって妊活サプリ」も多くあったからです。

赤ちゃんはお腹の中で育ちます。
妊活サプリは、「ママ」と「赤ちゃん」の二人の成長のために使うものです。

ですから「成分」とともに、「安全性」も高い物を選ばなくてはいけません。

そこで、このページでは「本当に良い妊活サプリ」を選びたい人に向けて、私が選んで良かった、心からオススメできる妊活サプリをランキング形式で紹介していきます。

それでは、いきましょう!

オススメ妊活サプリランキング

妊活サプリで大事なことは大きく分けて2つです。

  1. 安全性が高いこと
    発がん性のある「酸化チタン」や、1日摂取許容量(ADI)が設定されている「ショ糖脂肪酸エステル」のほか、「合成添加物」もできる限り使われていないサプリであることが大事です。
  2. 妊活成分が含まれていること
    葉酸はもちろん、妊活に役立つ、エビデンスのある成分が含まれていることも必須条件です。

この2つの観点とともに、私がこれまで妊活サプリを使ってきて「実感」できたものを、ランキング形式で紹介していきます。

  1. 妊活サプリナンバーワン「マカナ」
  2. 食生活が乱れがちな方に「ここる」
  3. 冷え性やリズムが気になる方に「kodakara」

【私は妊活サプリに加えてミトコンドリアサプリも使ってきました】
「不妊治療」を受けている人は、妊活サプリの前に「ミトコンドリアサプリ」を使ってください
私は体外受精もしてきましたが、ミトコンドリアサプリを使った2回目の採卵では、1回目よりも「グレード(質)が高くなりました。

※私は、妊活中に「妊活サプリ」「ミトコンドリアサプリ」の2つを使ってきたということです。これは全く後悔していません。むしろ良かったと思っています。

特に「ウムリン」というサプリは、医学的にも効果が認められ、NHKや新聞でも「不妊治療に効果」と報道されています。

不妊治療をしている人はウムリンの方が最優先ですし、実感できるはずですよ。

ウムリンが不妊治療に効果あるって本当?どこまで信頼して良いの?ウムリンが不妊治療に効果あるって本当?どこまで信頼して良いの?

1位:妊活サプリナンバーワン「マカナ」

妊活サプリ「マカナ」は、数ある妊活サプリの中でも「成分」「安全性」においてトップクラスの妊活サプリです。

マカナの成分

まず成分。
葉酸400μgはもちろん、2018年のリニューアルで「還元型コエンザイムQ10」「αリポ酸」が追加されました。

還元型コエンザイムQ10はミトコンドリアに働きかけます。αリポ酸もミトコンドリアに働きかけて、卵子のミトコンドリアの活性化に役立ちます。

他にも、女性のリズムを整える「マカ(日本産)」や、冷え性に有効な「金時ショウガ」、アミノ酸やミネラルが多いスーパーフード「スピルリナ」なども配合しています。

不足しがちな栄養素を補い、妊活をトータルでサポートしてくれる妊活サプリです。

マカナの安全性

次に安全性。
マカナには発がん性のある「酸化チタン」や1日摂取許容量(ADI)が設定されている添加物は使われていません

使用されているのは、AFC葉酸などにも使われるADI設定のない「HPC」「ステアリン酸Ca」など必要最低限です。※これらの添加物は医薬品にも使われる成分です。

マカナの真剣さ

最後にリニューアル。
マカナは管理栄養士が監修しています。
そして、販売会社は、産婦人科医や助産師が登壇する妊活セミナーも定期的に開催していますし、産婦人科医と管理栄養士がW監修をした「メルミー葉酸サプリ」も発売しています。

つまり、商品づくりに真剣です。
2017年3月には、「酸化チタン」「ショ糖脂肪酸エステル」を廃止しました。
2017年8月には、「加工デンプン」を廃止しました。
2018年2月には、「還元型コエンザイムQ10」「αリポ酸」「野菜・フルーツが22種⇒30種」にパワーアップしました。

このように、常に商品づくりに一生懸命で、年を追うごとに、素晴らしい妊活サプリになっていっています。

「マカ」が含まれているので、妊娠後も継続するのはオススメできません
しかし、妊活中は継続する価値がある、選ぶべき妊活サプリです。

マカナ公式サイト

※栄養機能食品・いつでも休止・解約OK

マカナの口コミ・体験談はこちら

2位:食生活が乱れがちな方に「ここる」

あまり有名ではありませんが、食生活が乱れがちで、仕事が忙しいプレママにオススメなのが「ここる」という妊活サプリです。

ここるの成分

まず成分。
葉酸やマカ、しょうがやカルシウムなどはもちろん「ピニトール」という成分が配合されています。

ピニトールはビタミンBの1種で、ビタミン様物質です。
アメリカのFDAに1992年に登録された、有用性がある成分で、①女性らしさ②リズム③コンディションを整える働きがあります。

さらに出生率No.1の沖縄発のサプリだからこそ、「きび酢」「沖縄サンゴカルシウム」「サトウキビ」「シークァーサー」「ゴーヤ」「ニガナ」など、合計16種類の沖縄の伝統野菜が含まれているのも高評価です。

ここるの安全性

次に安全性。
「ここる」には、添加物が一切使われていません
酸化チタンやショ糖エステルはもちろん、カルミン酸も、HMPCもHPCも酸化ケイ素も不使用です。

普段の食生活が乱れがちな方や、安全性にこだわりのある方にオススメしたい妊活サプリです。

ここる公式サイト

※30日間全額返金保証・いつでも休止解約OK

ミトコンドリアに働きかける成分は含まれていませんので、ミトコンドリアサプリと併用する方がオススメです。

ミトコンドリアサプリの効果妊活不妊治療の救世主?ミトコンドリアサプリの効果とは?卵子の質は上がるのか? 卵子が若返り、老化を防ぐ?ミトコンドリアサプリを不妊治療に使用した夫婦の体験談

3位:冷え性やリズムが気になる方に「kodakara」

厚生労働大臣賞を受賞した不妊治療の専門家、池田先生が開発した妊活サプリが「kodakara」です。
この「kodakara」は、冷えやリズムが気になる女性にオススメです。

kodakaraの成分

kodakaraは、リズムを整える「マカ」と、体の環境を整え温める「タンポポ」が主成分の妊活サプリです。

他にも授かり成分として「ローヤルゼリー」「亜鉛酵母」「αリポ酸」「鉄」「冬虫夏草」「ショウガ」「ビタミンE」「コエンザイムQ10」「トウガラシ」「ニンニク」が含まれています。

こうして成分を見ると先ほど紹介した「マカナ」と似ていますね。

しかしkodakaraにはこれらに加えて「有胞子性乳酸菌(216mg)」「ナットウキナーゼ(31㎎)」「急丸オリゴ糖(20㎎)」も配合。

「体を整える成分」が多いです。

自然妊娠を希望しているけど、食生活が乱れがちで、妊活をしているのに不調を感じる人にオススメです。

kodakaraの安全性

次に安全性。
kodakaraは、酸化チタンやショ糖脂肪酸エステルはもちろん、HPCや酸化ケイ素も使用していません。

安全性の高い妊活サプリメントです。

3位としたのは、kodakaraが「冷え性」「貧血」「体の不調」などを感じている人に作られたサプリで、どんな人にもオススメというわけではないからです。

しかし、冷え性や貧血、代謝の低下、疲労の蓄積などを感じている場合は、実感できる妊活サプリメントになっていますよ。

kodakara公式サイト

※4回の継続必須

妊活サプリを選ぶ時に注意したい添加物

ここまで、本当にオススメできる厳選妊活サプリをランキング形式で紹介してきました。
しかし、「他のサプリが選びたい」と思っている人もいるかもしれません。

その時に最低限気を付けて欲しいのは「添加物」です。

特に下記の添加物が入ってない妊活サプリを選ぶようにしましょう。

ショ糖脂肪酸エステル

サプリ錠剤の形を整えるための増粘剤です。
砂糖(ショ糖)と脂肪(脂肪酸)が結びついている(エステル)ので、ショ糖脂肪酸エステルといいます。

しかし、妊娠中の赤ちゃんの染色体異常やそれにともなった奇形を発生させるという論文もあり、特に注意したい添加物の1つです。

二酸化チタン

二酸化チタンはサプリメントを白くするために使われます。
しかし、発がん性がある可能性を持っていますので、配合していないサプリメントを選びましょう。

それ以外の添加物

反対に下記の添加物については安全だと言われています。

ステアリン酸Ca セルロース デキストリン
マルトース 還元麦芽糖水飴 麦芽糖
還元パラチノース ゼイン トウモロコシたん白

妊活サプリは過剰摂取に気を付けよう

そして添加物以上に気をつけたいのが「過剰摂取」です。

例えば妊活サプリと葉酸サプリの2つを使った場合、葉酸の過剰摂取につながることがあります。
葉酸を過剰摂取すると、発熱や食欲不振になるほか、お腹の中にいる赤ちゃんの喘息リスクが高まることも分かっています。

こうしたことから「同じ成分の含まれたサプリメント」は使用しないようにしましょう。
また使うサプリは1種類~2種類にとどめ、様々なサプリを同時に服用しないようにしましょう。

妊活サプリオススメランキングに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です