失敗しない産後の骨盤ベルトの選び方!人気商品と使い方のポイントも

失敗しない産後の骨盤ベルトの選び方!

妊娠中は赤ちゃんを産むために骨盤がゆるみます。
そのため、産後に骨盤ベルトを使わないと、骨盤の位置がゆがんだままになり、太りやすくなりがちで、時には腰痛を感じたり、体型が崩れることもあります。

そこで使いたいのが「骨盤ベルト」です。
骨盤ベルトを使えば、正しい位置に骨盤を戻しやすくなりますし、身につけるだけなので努力の必要なく骨盤矯正をすることができます。

しかし、どの骨盤ベルトを選んでも同じなわけではありません

そこでこのページでは、失敗しない骨盤ベルトの「選び方」を中心に、人気・オススメ骨盤ベルトや使い方のポイント、使う期間や時期も併せて紹介していきます。

それではいきましょう!

失敗しない産後の骨盤ベルトの選び方

まず大切なのが「骨盤ベルトを選ぶ観点」です。
今後あなたがどの骨盤ベルトを選ぶのかは分かりませんが、この選ぶ観点を知っておけば、「失敗しない選択」をすることができるでしょう。

  1. 骨盤ベルトは付け心地が大事
  2. TPOにあわせて「ベルトタイプ」「ショーツタイプ」を選ぼう
  3. 自分の好みにあった素材を選ぼう
  4. 夏場は「ムレない」骨盤ベルトがオススメ

骨盤ベルトは付け心地が大事

骨盤ベルトを選ぶ時に大切なことの1つ目が「素材の優しさ」や「快適さ」などの付け心地です。

骨盤ベルトの多くは「ベルトタイプ」で骨盤を締め付けるものですから、素材が硬いと痛みを感じたり、不快感を感じたりすることがあります。

そうして痛みや不快感を感じると、「つけていられない」と思うようになり、骨盤ベルトを使わないようになります。そうなってしまっては本末転倒です。

ですから口コミを見る際には必ず「付け心地が良い」と口コミのあるものを選びましょう。

TPOにあわせて「ベルトタイプ」「ショーツタイプ」を選ぼう

骨盤ベルトは基本的に数時間連続で装着するものです。
そして、いざ「外出」となると、骨盤ベルトの多くは太いため、服を着ると、ベルトのせいでなんだか太ったように見えてしまうこともあります。

そんな時に便利なのが「ショーツタイプ」の骨盤ベルトです。
ショーツタイプは太さがないため体型を崩すこともありませんし、ベルトタイプよりも動きやすいというメリットがあります。

自宅にいる時は「ベルトタイプ」を、外出する時は「ショーツタイプ」を選ぶなど、TPOにあわせた骨盤ベルトを準備しておくと便利です。

自分の好みにあった素材を選ぼう

骨盤ベルトには「ポリエステル」「ナイロン」「ポリウレタン」「スパンデックス」といった様々な種類の素材が使われています。

「ポリエステル」や「ナイロン」は伸縮性がない素材です。
そのため、しっかりと「固定」した方にオススメの素材といえます。その反面で、「動きづらさ」「快適性の低さ」がデメリットです。

その反面で「ポリウレタン」「スパンデックス」といった素材は、伸縮性のある素材です。
動きやすさはあるものの、伸びるため「固定感」は感じにくいというデメリットがあります。

このように素材は「どちらが良い・悪い」というものではありません
しかし、全体的には「伸縮性」のあるものの方が選ばれ、継続して使用される傾向にあります。

夏場は「ムレない」骨盤ベルトがオススメ

特に骨盤ベルトを使うタイミングが「夏」など暑い季節の場合は要注意。
なぜなら、暑い時期に骨盤ベルトを使うと「ムレて大変」「ベルト周りの汗がすごくて、つけてられない」といった口コミが多いからです。

もし夏場に骨盤ベルトを使用する際は「ムレにくい」と評判の骨盤ベルトを選ぶことも大切です。

人気の骨盤ベルト

ここからは、ここまで紹介した観点をふまえながら、人気かつオススメの骨盤ベルトを紹介していきます。

  1. オオサキメディカル「ダッコ キュッとベルト」
  2. 寝ている時も骨盤ケア「エクスレーヴ」
  3. ワコール「マタニティ産後用骨盤ベルト」
  4. ピジョン「出産したら締める骨盤ベルト」
  5. ライザップ×エンジェリーベ「骨盤ケア・トレーニングガードル」

1位:オオサキメディカル「ダッコ キュッとベルト」

ダッコ キュッとベルト

Amazon産後サポーター部門1位になっているのが、オオサキメディカルの「ダッコ キュッとベルト」です。
Amazonで1位になっているのは「価格の安さ」「日本製」「助産師監修」「多くの病院でも推奨」という4つのメリットがあるためです。

そして一番の特徴は「ベルト幅」が狭いこと。
これによって下腹部に負担がかかりにくくなっていますし、腹部と擦れにくくなっているため、痛みも軽減されています。

なおかつベルト幅が狭いのに、締め付けもしっかり感じられるようになっており、価格もAmazonであれば3000円以下とお得です。

2位:寝ている時も骨盤ケア「エクスレーヴ」

エクスレーヴ

次に紹介したいのが骨盤ショーツの「エクスレーヴ」です。
エクスレーブは「ショーツタイプ」ですので、動きやすく、外出時の骨盤ケアに適しています。

数ある骨盤ショーツの中でもエクスレーヴをオススメとして紹介したのは、「実績」「人気・口コミ評価の高さ」「手ごろな価格」があるからです。

エクスレーヴはミスユニバース沖縄大会の公式商品です。
「公式」になれるレベルの骨盤ショーツで、情報バラエティ番組「Girls Happy Style」では、ベストグリッター賞を受賞した実績もあります。

また、エクスレーヴは楽天・Amazonの各ランキングで1位になったこともある骨盤ショーツです。そして投稿段階では、骨盤ベルトで有名な「トコちゃんベルト」よりも売れている人気の高さがあります。

さらに1枚あたり3960円
サプリメントのように継続するものではないですし、3か月利用すれば1日あたり44円です。

非常にコスパに優れた骨盤ショーツで、外出用に1枚~3枚用意しておくと、骨盤矯正をスムーズに進められます。

エクスレーヴ公式サイト

3位:ワコール「マタニティ産後用骨盤ベルト」

マタニティ産後用骨盤ベルト
下着メーカーのワコールと日本助産師会の共同開発骨盤ベルトが「マタニティ産後用骨盤ベルト」です。

価格は4000円台と高い部類に入りますが、素材が柔らかく、締め付けも適度なため動きづらいということがありません。

他の骨盤ベルトが合わなかった方の口コミの中には「ワコールの骨盤ベルトに変えて良かった」という人も多く、「質の高さ」では最上級です。

こういった特徴があるため「ギフト用」にも送られることが多いようです。「質の高い骨盤ベルト」や「プレゼント用骨盤ベルト」を探している方にオススメです。

4位:ピジョン「出産したら締める骨盤ベルト」

出産したら締める骨盤ベルト
4位はピジョンの骨盤ベルトです。ピジョンの骨盤ベルトには「出産したら締める骨盤ベルト(3,200円)」「産後しっかり戻すおなかシェイパー+骨盤ケア(3,500円)」など、「好み」にあわせた骨盤ベルトが用意されています。

3000円台と比較的安めの価格設定ではありますが、助産師監修のため、質が悪いわけではありません

ただし、原産国は中国ですので、それが気になる方は、ここまでに紹介した「ワコール」「オオサキメディカル」などの商品を選ぶのがオススメです。

5位:ライザップ×エンジェリーベ「骨盤ケア・トレーニングガードル」

骨盤ケア・トレーニングガードル
マタニティウェアで有名な「エンジェリーベ」が開発し、結果にコミットするで有名な「ライザップ」が監修したのが「骨盤ケア・トレーニングガードル」です。

この「骨盤ケア・トレーニングガードル」は、お腹周りのウエスト~骨盤~ヒップまで、しっかり引き締めてくれます。

骨盤ケア・トレーニングガードルの引き締め効果

また、正しく筋肉を使えるようになるため、消費カロリーも17%アップ。骨盤矯正ダイエットをしたい方にもピッタリです。

素材は温度調節綿混素材「97.6°F」を使用しています。夏は涼しく、冬はあたたかい素材で、快適さも高いです。

さらにライザップ監修のため「自宅でできるライザップ式セルフトレーニング」のDVDももらえます。

価格は12,800円と高いですが、価格に見合った、本格派の骨盤ショーツでもあります。「結果を出したい」という方にオススメです。

知っておきたい骨盤ベルトのQ&A

骨盤ベルトと骨盤ショーツって何が違うの?

「締め付け」と「動きやすさ」が違います。
骨盤ベルトは「ベルト式」のため、しっかり固定できますが、動きやすさはよくありません。
また、「太さ」「幅」もあるため、外出時には不便ですし、例えばトイレに行く時など、毎回着脱する必要があります。
それに対して骨盤ショーツは、ショーツを履くのと同じですので動きやすく、トイレに行くたびに着脱する必要がありません。そのため24時間装着もできます。反面で「締め付け力」は低いというデメリットがあります。
どちらにも一長一短がありますが、「どちらも」持っておくと非常に便利ですし、産後の骨盤矯正に本気の人ほど両方用意しておくと良いでしょう。

骨盤ベルトに価格差があるのはなんで?

「生産地」「素材」「監修」などが主な理由だと思われます。
基本的に日本製ではなく中国製の方が安いですし、素材も安価な素材の方が安くなっています。また、監修がなければそれだけ生産コストが安くなります。
そして骨盤ベルトの質は、おおよそ値段に比例します。骨盤ベルトはサプリと違って買いきりで、しかも長期間利用するものですので、数百円~数千円の違いなら高いほうを使う方が良いことが多いです。

骨盤ベルトはいつから使うのが効果的なの?

骨盤ベルトは妊娠初期から使うと良いと言われていますが、必ず必要というわけではありませんので、基本的には「必要だと感じた時」です。
しかしはやめにケアしておけば、妊娠中の腰痛の予防になったり、出産後のダイエットが必要なくなったりすることがありますので、はやめに使っておいた方が後悔は少ないです。
骨盤ベルトには「妊娠中」「産後」など、時期に合わせた骨盤ベルトが販売されていますので、自分の現在の状況に合わせて使い分けましょう。

エクスレーヴ公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です