卵子の寿命は年齢によって違う?6~8時間や24時間、どれが正しいの?

卵子の寿命とタイミング

卵子の寿命は排卵後「24時間」と言われています。しかし、この24時間は昔言われていた話で、最近の研究で、卵子の排卵後の受精可能時間は「6時間~8時間」ということが分かってきました。

しかし、この卵子の寿命は6時間と言われることもあれば、10時間と言われることもあります。この受精可能時間の認識の違いはなぜ起こっているのでしょうか?

このページでは、卵子の排卵後の寿命と、年齢や卵子の数、老化との関係性について詳しく紹介していきます。

卵子の寿命と受精可能時間は違う

卵子の寿命と受精可能時間

昔は、卵子の寿命は排卵後24時間と言われていました。そのため、朝排卵したのであれば、翌日の朝までにセックスすれば妊娠できるというように、一般的には考えられてきました。

しかし、最近の研究で、卵子の寿命受精可能な時間違うことが分かってきました。そして、この受精可能時間は排卵後6時間~8時間だと考えられています。

つまり、極端に言えば、朝に排卵したら、昼過ぎまでにセックスしないと妊娠出来ないことが分かってきたのです。

※そのため、排卵予定日にセックスするのではなく、排卵日2~3日前からセックスすることの重要性がより高まっています。

卵子の寿命(受精可能時間)が6時間と言われたり10時間と言われたりするのはなぜ?

卵子の寿命

では、そんな卵子の受精可能時間が6時間と言われたり、10時間と言われたりするのはなぜでしょうか?これは年齢によって違うのでしょうか?

これについては、年齢ではなく「卵子による個体差」だと考えられています。そのため、6時間も正解ですし、10時間も正解だと言えるでしょう。

平均して短い時間をとって「6時間」と伝える医師もいますが、中には寿命が長く10時間は生きる場合もありますので10時間と伝える医師もいます。

卵子の個数と質の良い卵子と年齢と

では、年齢とは関係ないのでしょうか?これについてはまだはっきりとはしていませんが、「関係があるだろう」という見方が有力です。

私たち女性が胎児の時には体の中に700万個の卵子(原子卵胞)があります。しかし、生まれた時には200万個に、初経時には30~40万個に、35歳を超えると数万個に減ることが分かっています。

そして、加齢とともに数が減るとともに、質も悪くなっていっていることが分かっています。⇒卵子の老化・サビの画像

排卵は毎月1回、卵巣から1個の卵子が卵巣の壁を破って出てきますが、卵子(原子卵胞)が老化すると、排卵されても卵子としての機能を失った卵子が排卵されることも多くなります。

事実、35歳を過ぎると、卵子の老化と妊娠率が大きく低下することから、卵子の寿命と年齢は切っても切れない関係性にあると言えるでしょう。

卵子の寿命を考えたタイミング法

タイミング法

卵子が排卵してからの受精可能時間は、平均すると6時間~8時間であることを紹介してきました。この事実が分かったからこそ、より綿密に計画を立てて、タイミングをとっていかなくてはいけません。

では、妊娠を望む場合には、どのようなタイミングでセックスをすると赤ちゃんができやすいのでしょうか?

排卵日の1日前~2日前がベストタイミング

卵子の寿命=受精可能時間は6時間~8時間ですが、精子は約3日だと言われています。

排卵日の特定は基本的に基礎体温を用いて判断できますが、排卵時間の特定は難しいです。ですので、精子が生きるであろう排卵予定日の1日前~2日前にするのが良いタイミングだと言われています。

また、排卵日の特定が難しいと言う事であれば、排卵がくるであろう週には2日に1回のセックスをすることでより確率が高まるという意見もあります。

妊活中なら排卵検査薬を使おう

排卵検査薬

また、もし妊活中であるならば、「排卵検査薬」を使用し、より正確に、計画的にセックスするタイミングを決めていきましょう。排卵検査薬はLHホルモンに反応しますので、排卵が近いのかどうかが一目で分かるためです。

しかし、排卵検査薬は商品によって、感度の違いがあります。20mIU/mLで反応するものもあれば、40mIU/mLで反応するものもあります。

特に40mIU/mLなど感度が低いものは、排卵直前になってからしか気づけない場合もありますので、できれば感度の高い20~30mIU/mLのものを選ぶようにしていきましょう。

ドゥーテストLHa:30mIU/mL

「ドゥーテストLHa」は12本入りで3500円前後で、30mIU/mLから反応するということもあり、質とコスパに優れた排卵検査薬です。

ハイテスターH:10~30mIU/mL

「ハイテスターH」はトリプルラインを採用した排卵検査薬です。ハイテスターの一番の特徴は、1本の反応は10mIU/mL、2本の反応は30mIU/mL、3本の反応は100mIU/mLと分かること。これによって、排卵がどの程度近づいているのかが一目でわかります。

ハイテスター画像

ただし、価格は5本セット2,580円、10本セット4,380円とドゥーテストに比べて高めです。しかし、排卵日が安定しない方や、より正確に知りたいという方には、大変人気の日本製排卵検査薬です。

より確率を高めるための、自宅でのシリンジ法

雑誌「妊活スタートブック」において特集されたシリンジ法。はなおかIVFクリニックの花岡医師が、自宅で行うシリンジ法のメリットについて紹介していましたね。

シリンジ法のススメ

妊娠するにはタイミングが大事。しかし、男性だと疲れて性交渉が難しいこともよくあります。そんな性交渉が難しい時にもシリンジ法があれば妊活できることもあるでしょう。

また、本来は膣内射精障害やセックスに抵抗がある方のための不妊治療キットです。「タイミングが分かってもなかなか授かれない」「仕事で疲れている夫の負担を減らしたい」という方は、自宅でのシリンジ法を採用してみてはいかがでしょうか。

一般医療機器認可取得器具 医療機器製造販売届出番号 価格
プレメントシリンジ 13B3X10179000001 9,980円/20回
※1回あたり499円

>>シリンジ法キットの詳細はこちら

卵子の寿命と老化

寿命と老化

ここまで卵子の排卵後の寿命や、寿命をふまえたタイミングの取り方について紹介してきました。では、私たち女性の体内の卵子(原子卵胞)の寿命はどうなっているのでしょうか?

1回の周期に1000個、1日あたり30個が減っている

まず、私たち女性の体には出生時には200万個の卵子があるとされています。しかし、それが35歳をすぎると、数万個に減っていることも分かっています。

これは1回の月経周期の間に1000個が減っているということでもあります。だいたい1周期は28日ですから、1日にすると35個前後が減っているのです。

この現象は加齢によって進むものですので抑えることはできません。しかし、卵子の老化を抑えたり、若返らせたりするのは可能になってきました。

卵子の老化と若返り

卵子の数が減ったとしても、閉経していなければ十分に授かれるチャンスはあります。そして、その点で見れば、何歳になってもチャンスは平等のように思えます。

しかし、35歳以上になると妊娠率が大きく下がると言われており、事実、統計でも下がっています。これはなぜなのでしょうか?

それが「卵子の老化」です。

卵子の老化した画像
下記記事では、実際に卵子が老化する前と後の画像を紹介しています。 ミトコンドリアサプリの効果妊活不妊治療の救世主?ミトコンドリアサプリの効果とは?卵子の質は上がるのか?

卵子は加齢に伴って老化していきます。生まれてから増えることはありませんので、30歳なら30歳分の老化をしているわけです。しかし、卵子の老化=酸化ですので、卵子の酸化を食い止める抗酸化作用のある成分によって、老化を食い止めることもできます。

それが「ミトコンドリアサプリ」です。

特にミトコンドリアサプリの「ミトコア300㎎」は、臨床試験で「酸化還元作用」があることが分かりました。酸化還元=錆びついた卵子からサビを取る働きがあるため、ミトコンドリアサプリを使って妊娠出来たという人が増えているのです。

私自身も年齢は30代後半ですが、ミトコンドリアサプリのおかげで卵子の質(グレード)がアップしました。私自身の不妊治療体験(採卵や体外受精・顕微授精)については下記記事で紹介していますので、気になる方はそちらをご覧ください。

卵子が若返り、老化を防ぐ?ミトコンドリアサプリを不妊治療に使用した夫婦の体験談

さいごに

このページでは、卵子の寿命やタイミング療法についてだけでなく、排卵検査薬や、卵子の老化についても紹介してきました。

しかし、これらのことを行っても、妊娠出来ないこともあります。それが筆者自身です。

私はこれまで、自分たち自身でタイミング療法をしてきましたし、不妊治療外来でタイミング療法もしてきました。それでは妊娠出来ず、人工授精になり、それでもダメで、体外受精をしてきました。

体外受精になったらうまくいくだろうと思っていましたが、それでもなかなか妊娠出来ませんでした。そして、採卵の2回目を行い、体外受精による凍結肺移植を7回してようやく妊娠出来ました。

大事なことは「あきらめないこと」です。

妊娠出来ないと苦しいですし、辛いですが、だからこそ妊娠出来た時の喜びは人一倍、生まれた時は2倍、3倍にうれしいものです。あきらめなければチャンスはあります、そう信じて、少しでも前に進んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です